相談支援事業
「相談支援事業」は障害者自立支援法に基づく事業で、パオみのおが行う事業の柱の一つです。箕面市内には相談支援事業者が現在4か所あります。その中でもパオみのおは、主に「こころの病」を持つ方々やそのご家族からの相談をお受けしています。お受けする相談の内容は様々ですが、できる限りの相談にお応えできるように、必要に応じて他の関係機関の方々と連携を取りながら応対させていただいています。

主な活動の内容

☆日常生活の支援
  • 日々の生活の中でのいろいろな相談を、電話や面談、又は訪問(ご自宅またはご近所)によりお受けしています。
  • 住居、就労、人間関係、生活環境、炊事洗濯など、様々な悩みに応じて関係機関と協力しながら具体的な支援を皆さんと一緒に考え行きます。
  • 通院の時に自分の状態の説明が難しかったり、一人では福祉サービスの手続きなどが難しくて不安であったりする場合、必要に応じて同行支援します。
☆福祉サービスや制度についての相談

 社会福祉法人 息吹を初めとした各施設利用に関すること、就労に関してのこと、福祉サービス・制度についてのこと、その他日々の生活の中で知りたいことへの諸情報をお伝えします。
地域活動支援センターの利用について
「『パオみのお』の利用にあたって」をご覧ください。